千葉銀行の住宅ローンの金利や審査の評判と口コミ

千葉銀行

千葉銀行の公式サイトへ

※この記事の内容は平成29年11月現在の情報です。

地方銀行の中では日本第2位の千葉銀行の住宅ローンを解説します。千葉銀行は千葉県内で圧倒的なシェアを持ち、千葉県在住の人にはおなじみの銀行です。

審査基準や口コミもまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】千葉銀行の住宅ローン
  1. 千葉銀行について
  2. 住宅ローンの特徴
    1. 休日でも店頭で相談できる!
    2. 住宅ローンの金利タイプは3種類
    3. 選べる3つの疾病保障
    4. キャンペーン適用で金利がさらにお得に!
    5. ネットからの事前審査なら最短即日回答
  3. 住宅ローンの審査について
    1. 住宅ローンの審査期間はどれくらい?
    2. 審査申し込み時に必要な書類は?
  4. おすすめな人と注意点
    1. 千葉銀行がおすすめな人
    2. 千葉銀行の住宅ローンの注意点
  5. 千葉銀行の住宅ローンの評判と口コミ

千葉銀行について

千葉銀行は日本2位の規模を持つ地方銀行です。千葉県を中心に拠点を構えており、千葉県内では最大手の銀行です。

前身は千葉合同銀行、小見川農商銀行、第九十八銀行の3行で、1943年に合併して千葉銀行が発足しました。戦後は積極的な融資政策を推進し、千葉県内の重化学工業の発展に寄与しています。

現在ではリテール部門の強化が行われており、投資信託や年金保険の販売量が伸びています。千葉県内のみではなく近隣エリアへの進出も展開しており、地方銀行としての存在感を高めていると言えるでしょう。

住宅ローンも豊富なプランが揃っており、ユーザーにとって様々なメリットがあります。特に千葉県に住んでいる人には便利な環境が整っていますので、気軽に相談に出掛けてみるのも良いでしょう。

住宅ローンの特徴

千葉銀行の住宅ローンの特徴をまとめてみました。他の銀行とは異なるメリットもあるため、住宅ローンを比較して選びたい人は確認しておきましょう。

そこで、千葉銀行の住宅ローンの特徴は下記のとおりです。

  • 休日でも店頭で相談できる!
  • 金利タイプの基本は3種類
  • 選べる3つの疾病保障
  • キャンペーン適用で金利がさらにお得に!
  • ネットからの事前審査なら最短即日回答

休日でも店頭で相談できる!

千葉銀行はメインである千葉県内の160店舗の他にも、周辺他都県に20店舗を展開しています。そのため、店頭での相談しやすさは地方銀行の中でもトップクラスです。

さらに、休日でも相談できる専用のローンプラザを開設しています。年末年始は休業していますが、基本的には土日祝日も営業しており、便利に相談することができます。

住宅ローンに詳しい担当者とじっくり相談できますので、住宅ローンの借り入れや借り換えに悩んでいるようなら、足を運んでみると良いでしょう。

住宅ローンの金利タイプは3種類

千葉銀行の住宅ローンの金利タイプは「全期間割引プラン」「当初期間割引プラン」「全期間固定金利プラン」の3種類です。それぞれ金利の引き下げ幅が異なるので、しっかりと内容を把握しておきましょう。

全期間割引プラン

全期間割引プランは、借り入れから完済までの期間で金利引き下げが行われるプランです。変動金利型では金利0.725%~となっており、金利割引幅が大きいことが特徴です。

選択できる固定期間は「2・3・5・7・10・15・20・35年」の8通りです。固定期間が短いほど金利は低くなる傾向にありますので、返済額や借り入れ期間に応じて選ぶようにしましょう。

当初期間割引プラン

当初期間割引プランは、固定金利期間中の割引幅が大きいプランです。固定期間15年で金利1.35%~となっており、他の銀行と比べても見劣りしない水準です。

固定期間の基本は15年と20年ですが、任意の年数を固定期間に選ぶことができます。しかし、金利引き下げの恩恵を有効に活用するためにも、固定期間は長めに設定する方が良いでしょう。

借り入れ時の金利状況によってどの程度の固定期間が最適になるのか変わってきますので、詳しくは店頭で担当者に相談してみてください。

全期間固定金利プラン

全期間固定金利プランは、借り入れ期間中の金利が変動しないプランです。金利変動の影響を受けにくいため、安定した返済プランを組みたい人におすすめです。

基本となる借り入れ期間は21~35年ですが、期間が短くなるほど金利が低くなります。借り入れ期間21~25年以内なら金利1.5%~、26~30年以内は金利1.51%~、31~35年以内は金利1.53%~です。

借り入れ当初に総返済額が確定するメリットもありますので、金利変動リスクを抑えたい人は検討してみましょう。

選べる3つの疾病保障

千葉銀行の住宅ローンには通常の団体信用生命保険の他に、3種類の疾病特約が用意されています。手厚い保障が得られる特約もありますので、住宅ローンに万が一の備えを付けておきたい人に向いています。

11疾病団信

11疾病団信は基本となるがん保障に、10種類の生活習慣病保障を組み合わせた疾病特約です。保障条件はがんと診断された時点と、生活習慣病で180日以上入院した場合です。

保障内容はがんと生活習慣病の保障条件を満たした際に、その時点の住宅ローン残高が0円になります。特にがんは診断時点で保障が適用されるため、手厚い備えになるでしょう。

また、11疾病団信には入院保障と配偶者保障がセットになっています。入院保障は5日以上入院した場合の一時金給付と、31日以上の入院が続いた際の住宅ローン返済月額保障の二通りがあります。配偶者保障は契約者の配偶者ががんと診断された時点で、100万円の一時金が支払われます。

保険料は金利上乗せ0.2%となっており、他の銀行の疾病特約と比べても手ごろな印象です。万が一の備えとしても有効なので、長期の住宅ローンを前提にしている人は検討してみると良いでしょう。

3大疾病団信

3大疾病団信は、がん・急性心筋梗塞・脳卒中を保障対象にした疾病特約です。保障対象は、がんと診断された時点と、急性心筋梗塞と脳卒中で60日以上の労働制限が生じた場合です。

保障内容は所定の条件を満たした際に、その時点の住宅ローン残高が0円になります。保険料は金利上乗せ0.3%なので、借り入れ額によっては保険料と保障内容のバランスが悪くなってしまいます。

がんを始めとする3大疾病の保障が必要であれば、3大疾病団信の加入を考えておきましょう。

がん団信

がん団信は、がんを保障対象にした疾病特約です。がんと診断された時点で、住宅ローン残高が0円になる保障が受けられます。

保険料は金利上乗せ0.1%と、手ごろな価格設定になっています。保障範囲はがんのみですが、住宅ローンを借り入れている際の備えとして役立ちます。

キャンペーン適用で金利がさらにお得に!

千葉銀行では、様々な住宅ローン向けキャンペーンを展開しています。2018年の3月末日までのキャンペーンとして行っているのが、安心GOGOキャンペーンⅢです。

このキャンペーンでは、変動金利と固定金利を50%で組み合わせるミックスプランに対して金利割引が適用されます。変動金利部分の割引幅は全プランを通じて最大となるため、ミックスプランを検討している人には嬉しいヤンペーンと言えるでしょう。

また、2018年の3月末日までのキャンペーンとして同時展開しているのが、がん団信無料キャンペーンです。期間中に住宅ローンの契約を済ませると、通常は金利上乗せ0.1%のがん団信が無料で付帯できます。

さらに、同期間内なら通常は金利上乗せ0.2%の11疾病団信の保険料が0.1%になります。がん団信と11疾病団信のどちらもお得な保険料に収まりますので、早い段階で住宅ローンを申し込む予定がある人はキャンペーン内容をチェックしておきましょう。

ネットからの事前審査なら最短即日回答

千葉銀行の住宅ローンは、インターネットからも事前審査が申し込めます。入力は15~20分程度で済みますので、自宅から住宅ローンの事前審査を受けたい人におすすめです。

受付時間は平日8:30~21:00、土日祝日8:30~15:30となっており、受付時間内ならスピーディに対応してもらえます。

審査結果は最短で当日に通知されます。メールや電話で結果が分かるため、なるべく早く事前審査を済ませたい人は試してみると良いでしょう。

住宅ローンの審査について

千葉銀行の住宅ローンを借り入れる際には利用基準を満たしている必要があります。他の銀行とは異なる部分もありますので、事前にどのような利用基準なのか把握しておくと良いでしょう。

そこで、千葉銀行の住宅ローンの利用基準は以下のとおりです。

  • 満20歳以上~満70歳未満
  • 千葉銀行が指定する団体信用生命保険に加入できる
  • 安定継続した収入がある
  • 日本国籍もしくは永住権を持っている
  • ちばぎん保証株式会社の保証を受けられる

利用基準には明記されていませんが、勤続年数や年収額についても審査時の対象になります。基準値は公表されていないものの、他の都市銀行や地方銀行と同レベルの水準が求められます。

また、千葉銀行を給与振込口座にしていることも、審査を有利に進めるためには欠かせない要素です。キャンペーンによっては給与口座の指定が必須条件になっていることもありますので、審査を申し込む前に口座開設を済ませておくと良いでしょう。

千葉銀行の住宅ローンの審査期間はどれくらい?

住宅ローンの審査は結果が分かるまで日数が必要です。申し込みから融資実行までは相応の期間がかかるため、なるべく余裕を持ったスケジュールを立てておく方が良いでしょう。

そこで、千葉銀行の住宅ローンの審査日数は下記になります。

  • 事前審査(仮審査)の結果まで:1~7日程度
  • 本審査の結果まで:10~21日程度

千葉銀行の住宅ローンはインターネットから事前審査を申し込むと、最短で当日に結果が通知されます。店頭からの事前審査申し込みでも1週間前後で結果が分かるため、それほど時間はかかりません。

その後の本審査は契約に必要な書類の提出なども含めて、2週間程度が目安になります。申し込みから融資実行までは1ヶ月~1ヶ月半ほどかかりますので、余裕のあるスケジュールを見越しておきましょう。

審査申し込み時に必要な書類は?

千葉銀行の住宅ローンを申し込む際の必要書類を調べてみました。審査を受ける際に必須となる書類ですので、あらかじめ準備しておきましょう。

そこで、審査に必要な書類は以下のとおりです。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票)
  • 所得証明資料(源泉徴収票、住民税決定通知書)
  • 物件資料(売買契約書、重要事項説明書、土地登記簿謄本など)

物件資料は購入する物件によって用意する書類が異なります。そのため、申し込みの前に、どのような書類が必要になるか確認しておきましょう。

おすすめな人と注意点

千葉銀行の住宅ローンがおすすめな人をまとめてみました。注意点についての解説も載せていますので、申し込みの前に確認しておきましょう。

千葉銀行がおすすめな人

下記の項目が当てはまる人は、千葉銀行の住宅ローンがおすすめです。様々なメリットや特徴がありますので、自分のニーズに合っているかどうか確かめておいてください。

  • 店頭で住宅ローンの相談をしたい人
  • 千葉県内に在住で千葉銀行を日常的に利用している人
  • 疾病特約で万が一の備えを用意したい人
  • ネットから事前審査を受けたい人

千葉銀行の住宅ローンの注意点

千葉銀行の住宅ローンの注意点として挙げられるのは、金利割引コースの使い勝手の悪さです。特徴の項目では触れませんでしたが、千葉銀行には「ちばぎん移住・定住促進プラン」や「子育て応援住宅ローン」など6つの金利割引コースが用意されています。

これらは所定の条件を満たした際に金利が割引されるのですが、どれも金利の割引幅がそれほど大きくありません。さらに、他の金利割引とは併用できないため、ユーザーにとってはそれほどお得感が生まれないのです。

結果的に他の金利プランとほとんど変わらない適用金利になりますので、6つの金利割引コースは条件の厳しさに対してメリットが少なく感じてしまいます。

また、疾病特約の保障条件もやや厳しく、万全の保障体制とは言えない面があります。例えば、11疾病団信では10種類の生活習慣病をカバーしていますが、保障条件は180日以上の入院となっています。現在の医療技術だと生活習慣病で180日以上の入院が必要となることはほとんどないため、保障が適用される場面は少なくなるでしょう。

保険料はやや低めの設定ですが、保障条件が厳しければ特約を付加する意味が少なくなってしまいます。保障と保険料のバランスも悪化してしまうため、疾病団信の加入は慎重に検討した方が良いでしょう。

千葉銀行行の住宅ローンの評判と口コミ

千葉銀行の住宅ローンを利用した人の口コミをまとめてみました。他の銀行とスムーズに比較するためにも、口コミの内容を読んでおくと良いでしょう。

良い評価の口コミ

●生まれも育ちも千葉県なので、千葉銀行のネームバリューは格別のものがある。名前で銀行を選ぶわけではないが、安心感という面では他の銀行より一歩勝っていると思う。

●キャンペーン期間中だったので、がん団信が無料でついてきた。保障対象はがんだけだが、いざという時の備えになるのは助かる。

●平日仕事なので、土日も相談できるのは便利だと思いました。住宅は一生の買い物ですから、しっかり相談できる銀行でローンを組みたいですね。

中立的な口コミ

●金利の割引がそれほど大きくないので、どうしても他の銀行に目がいってしまう。ブランド力はある銀行なので、もう少し金利が低ければ決め手になったのだが。

●11疾病団信より3大疾病団信の方が保険料が高いのは不思議。保障範囲が広い方が保険料が安いのは、何かトリックがあるように思えてしまう。

●店舗型銀行なので保証料が高い印象です。繰り上げ返済すれば保証料は還ってきますが、借り入れ時にかかる費用なので悩みの種になりそうです。

低評価の口コミ

●ネットから事前審査を申し込んだが、返答まで1週間ほどかかった。最短当日という触れ込みだが、混雑していると他の銀行よりも対応が遅い。

●金利がやや高めなので、他の銀行の方が割安に感じる。それなりの借り入れ額になるのだから、少しでも金利負担が少ない銀行を選ぶ方が得だと思う。

●キャンペーンがいちいち期間限定なのがケチくさい。疾病保障が安くなるだけなのだから、常に割引価格でいいのではないかと思ってしまう。

千葉銀行の公式サイトへ

関連ページ

横浜銀行
ページトップ